2009年04月27日

お別れの日

 
ジュニアとお別れする日が来た。

jr_owning.gif


想像よりたくさんの人が情報を見てくれ、実際に車を見に来てくれた人も数人いた。しかし落札したのは、現車確認をしかなった方だった。つまりその方はアウトドアジュニアだからという理由だけで引き継いで下さった訳だ。

私がジュニアを手に入れた時と全く同じだ。



outdoorjr_4view.gif

アウトドアジュニアは、他に比べるものがない車だ。

全長450(後期は463)cmという短い車体に2800W、つまり小さな家一軒分の電力を正弦波で供給する発電機を積み、家庭用エアコンを積み、158リットルとアメリカンモーターホーム並の清水タンクを持ち、電気温水器による温水シャワーとトイレがあり、決して広くないダイネットを思いっきり二つのエリアに分けている。

こんな車、他にない。


outdoorJr4inside.gif


日本にアウトドアジュニアは200台程度しかないらしい。

そりゃそうだ。小さなビルダーの職人さんが、月に2台のペースで手作りしているのだ。大きなキャンピングカービルダーの中には海外に工場を持つところもあるが、町工場規模のビルダーでは大量生産はできない。だからビルダーのリーさんは、新車の買い手全ての人のことを知っている。


outdoorjr_4eles.gif


今アウトドアジュニアを新車で手に入れることはできない。

ベース車両の生産中止が決まり、新しいベース車両が決定されていないため、注文を受けていないらしいのだ。もともと納期半年が当たり前のキャンピングカーだったのに、ますます待ち時間が長くなっている。その意味で、欲しいと思ってさほど長く待たず乗れた私は幸運だった。



jr_hota.gif


しかし後悔の念はある。

ジュニアと分かれる時、「どうしてもっと早くキャンピングカーと出会わなかったのだろう」という思いで、正直頭がいっぱいになった。

私のジュニアは、2回車検を通した。
車検証を見ると、2度の車検の間の走行距離は僅か5000km程度だった。数年前に買った小型バイクが面白く、一人の時はほとんどバイクに乗っていたせいもあるが、それにしても少なすぎる。実際、私はジュニアに1万q乗っていない。後で買ったバイクの走行距離が2万キロになろうとしているのに、だ。

私にとってアウトドアジュニアは、子どもたちと遊ぶための道具だったようだ。もし子どもたちが小さい頃ジュニアを手に入れていたら、どれだけ活用できただろう。どうして子どもたちが小さかった頃、キャンピングカーを持とうとしなかったのだろう。お金で時間は買えないと誰かが言っていたが,その通りだ。

jr_camp.gif

jrlighton.gif

onoue_bed2.gif


結局ジュニアは雨の日以外駐車場で大人しく休んでいることが増え、昨年はついにバッテリーをあげてしまったこともあった。車は動く機械だ。休ませ続けるのは良くない。今回ジュニアを手放したのは、このままろくに走らせないままだと、このまま駐車場で朽ち果ててしまうのかもしれない、という一種の恐怖だったような気もする。

誰かジュニアを知っている人に活用してもらいたい。
これだけの車、今ではそうそう手に入らない名車なのだ。このまま駐車場の飾りにしていてはもったいなさすぎる。


jr_fuji.gif


ジュニアを見に来てくれた人の中には、その小ささにあきらかにがっかりしていた人もいた。アウトドアジュニアの事を知らずに「キャンピングカー」ということで関心を持ったようだった。

しかし幸運なことに、次の乗り手の方はジュニアを熟知している方だった。この方なら絶対ジュニアの機能を無駄にはしない。これは幸運なことだったと思う。



さて、いま私は車を持っていない。


まずは当面使える安い車を探さなければならないのだが、どうしても譲れないことがある。

それは車の中で水平に眠れることだ。



上の二人の子どもはもう大学生と高校生で親と一緒に車中泊などはしない。下の娘は乗り物と宿の旅が好きで、たぶんこちらも車中泊に付き合うことはあまりないだろう。

となると、私一人が快適に眠れれば良い。


アウトドアジュニア日記は終わるが、このブログは終わらない。快適なひとりでの車中泊を目指す、そんな私だけの遊びが始まるのだ。車の中で眠るというスタイルを捨てる気は毛頭ない。

まずは車選びから再スタートだ。


jr_off.gif



ブログの名前は多少変更しても、引き続きのぞいていただければ、少しだけうれしい。

posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 21:51| アウトドアジュニア

2008年06月17日

ばんや・保田漁港対岸空き地

 

ばんやでお腹をいっぱいにした私たちは、本日のP泊地に向かう。

といっても、車で3分もかからない保田漁港対岸の空き地だ。
ここは前回の羊丸焼きオフ会の会場でもあり私は記憶に新しいが、家族を連れて行くのは初めてだ。

道の駅保田の裏側にあるこの空き地は、釣りをする人たちの車も少なくなく、同じくらい車中泊をする車やキャンピングカーがいる。この場所は徒歩圏内に夜10時まで営業しているスーパーがあり、ばんやがあり、番屋の横には24時間営業の500円で入れる温泉があるなど、P泊には絶好の場所だ。キャンピングカー乗りには以前から有名な場所だったが、この春私もMLに参加しているCCCの上原さんが快適車中泊スポットガイドという本で紹介したため、更に有名になっている。


運の悪いことに小雨がたまにぱらつくので、スクリーンタープを張る。私はこの作業が苦手なのだが、4人いると小さなアウトドアジュニアは狭くてしかたないので、泣きながら張る。あ〜、めんどくせ。とりあえずタープのおかげで、ジュニア=寝室 / タープ=ダイニングリビングという図式ができあがる。私はジュニアを選んだことを後悔していないが、家族4人だと、やはりスクリーンタープは必須だ。こういう時、車内で家族がゆったり食事できる大きなキャンピングカーが、ちょっとうらやましくなる。

JRHOTA_1.gif

-------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 08:07| ジュニアでお出かけ

2008年05月06日

鋸南町保田漁協直営 食事処「ばんや」

 

ばんや」は保田漁協直営の食事処だ。
前回保田まで来てばんやを素通りするという愚挙を犯してしまった私は、GWの渋滞にも負けずリベンジに来た。

ばんやは千葉県鋸南町の保田漁港に面した場所にある。
以前は干物と渋滞が名物だった国道127号線でしかアクセスできなかったため何かと不便だったが、現在では館山自動車道が延びたおかげで、鋸南保田ICから車で数分となった。東京湾アクアラインができてからは神奈川方面からの観光客も増えている。

前回の保田オフで聞いた話によると、
 ・ばんやは昼には既に混む。
 ・朝9:30までは(観光船客の)朝食の時間なので、保田のキャンプでは朝食は作らず、9:30前にばんやに並んでおく。
 ・時間が経つにつれ売り切れメニューが増えるので早めに行く。

とのことだったので、今回はちょっと早く自宅を出た。


warasa_arani.gif

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 14:39| ジュニアでお出かけ

2008年04月27日

久々のオフ会 千葉県鋸南町

 
キャンピングカー乗りはあまりオートキャンプ場などは使わない。

高速のPA・SA、道の駅、それに周囲から苦情を言われない河川敷などで車中泊する場合が多い。せっかくのキャンピングカー、わざわざテントを張ったりタープを張ったりするのが面倒で、車内で大抵のことは用が済むからだ。

今回知人に「羊の肉を7kg位焼くので食べにきませんか?」とお誘いを受けた。どうやら千葉県内に車中泊の良い場所があるらしい。最近アウトドアジュニアを活用していなかった私は、家族全員それぞれ予定があるため単身で参加した。

鋸南町のこの場所は私有地ではあるが、誘ってくれたキャンピングカークラブは宿泊公認の扱いを受けている。以前メンバーが溺れかかった土地所有者会社の社員を助けて以来、このクラブに限ってはオーナー公認なのだ。こそこそとテーブルを出すなど気を使う必要がないのが大変良い。

kyonan_cars_1.gif

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 23:54| ジュニアでお出かけ

2008年04月09日

インド・ネパール料理 タァバン(タアバン)

 
何年か前まで、東葛飾エリアでは長年南流山に謎のインド料理店(実はパキスタン料理)があり、ランチでは1000円でカレー数種類、焼きたてのナン、チキン、ラッシー、珈琲紅茶食べ飲み放題、しかもなぜか国際学生証で300円ほど割引きだった。地味な雑居ビルの2階にありロケーションは悪いにも関わらず口コミなどでそこそこの客はいたのだが、数年前閉店した。ランチ以外の客が少なかったせいかもしれない。インド料理はランチとディナーで差を出しにくいようだ。

その後も南増尾に本物のパンジャブ人が作る純正インド料理(パンジャビ料理)の店が出来たが、ここも閉店してしまった。また、そこそこの集客に成功していたかに見えた五香のシャリマールも閉店した。ただしこちらには秋葉原などにも店があり、(多分)五香というエリアを見限ったようにも思える。ともかく、柏中心部を除くと、なかなかインド料理店が定着しないのが、東葛飾の現実だ。

そんな中、東葛飾非中心部インド料理界を救うような店ができている。南増尾のタァバンだ。

TARBAN.jpg

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 21:33| ジュニアでお出かけ

2008年02月16日

ジュニア秘密基地計画1 -スタジオ@アウトドアジュニア、

 
私のアウトドアジュニアの中には、1台のシンセサイザーが積んである。RolandのJV-80だ。

自宅には88鍵のMIDIピアノタッチMIDIコントローラーと3台のシンセサイザー、2台の音源をラックに組んでいるがその中に入ることはない。100%キャンピングカー専用だ。別に旅先でピアノを弾いて家族で歌うわけではない。私が外出した時、あるいは一人で鍵盤を弾きたい時に使うためのものだ。だから駐車場で弾くことも多い。子どもたちが大きくなって、キャンピングカーは家族のお楽しみツールから私の秘密基地にじわじわ衣替えを始めている。

ヘッドフォンで演奏すれば近所迷惑にもならないし、アンプを使わなければ諸費電力も低い。ジェネなど回さず、ソーラーパネルで充電したサブバッテリーで朝まで弾くこともできる。ちなみに没入して弾きたい時、ボイシングに凝りたい時などは天井灯を消してLED照明だけにする。こんな感じだ。更に没入したい時、あるいは酔っぱらって来た時はこのLED照明のカラーモードを使う。ますます暗くなり、音に浸りやすい。

jv80_ledblue.jpg

見ようによってはかなり怪しい空間だが、私には居心地が良い。

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:58| 改修・改造・ユーティリティ

2008年02月03日

軽自動車のキャンピングカー「軽キャンパー」徹底比較


軽自動車のキャンピングカーが人気だ。

その気持ちは良く分かる。私もアウトドアジュニアの購入を決定するまでは、当時選択肢の一つとしてラクーンとヤドカリを考えていたし、「小さなキャンピングカー」というコンセプトが気に入っていたからだ。AUTO CAMPER (オートキャンパー)2008年02月号の「ビルダー&ショップが選んだベストキャンピングカー」という特集で、ベスト10のうち10位にラ・クーンが、そして8位にテント虫がランクインしていた。キャンピングカーを作る側から見ても、軽自動車キャンピングカー/軽キャンピングカーの魅力は捨てがたいということだろう。

軽自動車キャンピングカーの魅力は何だろうと考えると、まず安さが頭に浮かぶ。国産のキャブコンは安い物でも300万円台からなのに、軽自動車のキャンピングカーは200万円が中心で中には100万円台のものもある。

しかし普通の車として、軽自動車のキャンピングカーは決して安くはない。220万円あったらプリウスの新車が買える。フィットやヴィッツと言った大衆車クラスなら2台も買える。中には「200万くらい安い物」という人もいるだろうが、私にとって200万は大金だ。200万円台という価格に見合う魅力が軽自動車のキャンピングカーにあるのかどうか、考えてみた。


まず、軽自動車の単なるバンコン、つまりバンクベッド型のFPR加工やルーフポップアップなど、プロではなければ出来ない加工がされていない軽キャンピングカーには全く価値がないと感じる。

これは本家のバンコンのページでも書いたが、ただワゴン車にベッドと調理器具を取り付けただけの「キャンピングカー」に数百万円も払う気がしない。ましてや、軽自動車でだ。そんなものを買うなら、その辺の中古車屋や個人売買で30万位の軽ワンボックスを買って、後部にウレタンマットとフローリング材を敷き詰め、こんな折りたたみベッドでも積んだ方が良い。このバートボーダーフォールディングコットなら2980円だし評判も良いし、別に荷物室をフローリング加工しなくても、これを2台後部に並べれば立派な就寝定員2名のキャンピングカーだと思う。簡易ベッドが嫌だったらどこでも売っている折りたたみベッドを買って載せればよいとも思う。これにマットレスや毛布をセッティングすれば、その辺のキャブコンのバンクベッドよりよほど寝心地が良いだろう。水が欲しかったらウォータージャグを、テーブルが欲しかったらフォールディングテーブルを載せればよい。実際軽自動車のワンボックス車を立派なキャンピングカーに自力で改造した人も少なくない。この方が圧倒的に安上がりだし、何より楽しいと思う。

では、完成品として買う価値がある軽自動車のキャンピングカーはどれだろう。自分が今買うとしたらどれを選ぶだろう。オートキャンパー誌に登場した2台にはどちらもFRP加工やポップアップルーフなどプロの仕事がしてある。さすがに定番だけあって間違いはない。


まず固定ファンも多いラ・クーン
raku-n.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 16:39| 雑談

2008年02月02日

メインバッテリーにソーラーチャージャー装着

 
頻繁に書いているが、最近ジュニアの稼働率が低い。

子どもたちがダブル受験のせいもあるのだが、新車で138000円という価格破壊王125ccバイクで通勤することが増えたためだ。このバイクは価格もさることながら燃費が良く、ガソリン高の昨今、スタッドレスをはいているジュニアがリッターあたり7〜8kmしか走らないのに対し、リッターあたり35-40kmの低燃費だ。通勤1回あたり600円のお小遣いがいただける計算になるし、最近「装備と工夫でバイクの寒さに耐えようごっこ」が面白く、敢えてバイクを選ぶ機会が増えているのだ。

この年になると400cc程度のバイクにはあまり関心が湧かない。
リッター超えの大型バイクか街中で小回りが利く125cc未満の原付2種にしか魅力を感じない。そして通勤では渋滞のすりぬけが可能な原付2種が便利だ。この原付2種(51-125ccのいわゆる小型自動二輪)は保険も維持費も燃費も安上がりで、しかも50ccバイクと違って30km/h制限や2段階右折もないため、街中では最強の乗り物なのではないかと思う。

とバイクばっかり可愛がっていたら、先日ジュニアに仕返しを受けた。メインバッテリーあがりだ

確かに最近私はジュニアに少し冷たかったと思う。
しかも同じジュニアでもサブバッテリーには70wのソーラーパネルやらアイソレーターやら何かと手をかけてきたがメインバッテリーは薄暗い運転席の下で放置されていた。薄暗い運転席の下でロクに気をくばってもらえず閉じこめられたら私だって怒る。そこで今回反省の意味を込めてメインバッテリーにもソーラーチャージャーを装着した。

solor_view.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 19:56| 改修・改造・ユーティリティ

2008年01月26日

走行充電システム追加

 
さて、バッテリーをボイジャー社のディーブサイクルからブライトスターの物に取り替え1週間以上が経った。前回も書いたが、ボイジャー社のディーブサイクルバッテリーは、専用充電器で始めのうちは16v前後の高圧で充電する必要があるが、ブライトスターのものはそういった特別な電圧のコントロールが必要ない。

私はマンション住まいのため、駐車場は機械3段式だ。
アウトドアジュニアは近くの賃貸駐車場に駐めているため、AC電源による常時充電が出来ない。そこでソーラーパネルを装着したのでが、これがボイジャー社のバッテリーとは相性が良くなかった。そのためのサブバッテリー交換だったのだ。果たしてその結果はというと、これが大正解だった。バッテリーを交換して1週間以上、しかも雪の日もある日照量が少ない時期、日が傾き始めた午後でも電圧は13.5vを保っている。

そして今回更なる充電システムを装着した。
走行充電装置だ。

jr_sbc001_line.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:38| 改修・改造・ユーティリティ

2008年01月19日

ソーラーシステムとディーブサイクルバッテリーの相性


さて、先日メインバッテリーをあげてしまったジュニアだが、メインのバッテリーが上がるほど乗らなかったため、サブバッテリーの充電はソーラーパネル頼りだった。我が家はみみっちい集合住宅に住んでいるため駐車場は機械3段式という体たらくで、一軒家の用に常時AC電源から充電するわけにがいかないからだ。

ところがサブバッテリーをチェックしてみると、ソーラーで放置していたところかなり電圧が下がっていた。積んでいるのはその性能に定評があるボイジャーバッテリー105A
だ。



ボイジャーのディープサイクルバッテリーは性能には定評がある。やはりここは充電システムの問題だろう。そこでちょっと考えてもたところ、このバッテリーは専用のチャージャーでないと十分な充電はできなかったのだった。

知らなかったわけではない。忘れていた。こう見えても私はなかなか頭が悪い。その証拠に前日の夕飯メニューすら最近ではなかなか思い出せない。

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 22:17| 改修・改造・ユーティリティ

2008年01月14日

バッテリー切れ


私のアウトドアジュニアは購入して2年を少し過ぎた。

キャンピングカーなどと言う物に関心がある人間は、運転席よりやはりダイネットに関心が行く。私もダイネットはかなり手を入れた。電源についてもいろいろ考え、2800wの発電機を積んでいるのにも関わらず、ソーラーパネルを装着しサブバッテリーの消耗には気を使ってる。気が弱くなかなか発電機を回すことができないためサブバッテリーがすぐ消耗するからだ。今のサブバッテリーは2台目。もちろんディープサイクルだ。1年に1回サブバッテリーを交換してきたことになる。

しかしメインのバッテリーは買った時から全く交換をしていなかった。更に最近は「いかにバイクで冬を乗り切るかごっこ」が面白くなってしまい、ジュニアは駐車場で待機することがほとんどだった。


そして報いが来た。

jr_btoff1.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 01:35| 改修・改造・ユーティリティ

2007年12月08日

麺をお腹いっぱい食べる - 柏・いちばん

引き続きの大食いネタで申し訳ない。しかもラーメンネタだ。

自動車に乗ってて街中でラーメンを食べるのはちょっと面倒だ。
しかも車高の高いキャンピングカーとなると、立体駐車場に入れることもできず更に敷居は高くなる。しかし今回紹介する店は、少なくとも駐車の心配だけはない。


柏、大勝軒・いちぶん。

この店は今年開店したばかりなのだがなかなか人気があるらしく、一度行ってみたいと思っていた。東池袋の大勝軒は惜しまれながら閉店したが、そこで修行をした大勝軒はどんどん増えているような気がする。柏のいちぶんもそんな大勝軒系の店だ。

ichibun_view.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 18:41| ジュニアでお出かけ

2007年11月18日

大盛りランチ、我孫子「リバーサイド」

 


言ってはなんだが、キャンピングカー乗りには大食いの人が少なくないと思う。

運転して、泊まる場所を決め、テーブルを出した後することと言えば、バーベキューや鍋など食事の準備だ。外で食事をしたいがためにキャンプをする、というのは、キャンピングカーのみならずキャンプ全般にある程度共通した動機なのではないだろうか?

その証拠に宿泊を伴わない「デイキャンプ」なるものも結構人気だ。宿泊しないなら「野外料理会」と言えば良いのに、とすら思う。

宮城や山形では秋の川沿い鍋系デイキャンプを「芋煮会」と呼ぶ。こちらの方が潔いし気持ちよい。これが「川でデイキャンプ」だったら、風情も何もあったものではないし、ここまで伝統行事として定着はしなかっただろう。


例によって前置きが長くなってしまったが、大食いの話だ。
私も大食いなので、ふらっと入った店の料理の量が少ないとかなり悲しくなる。しかし期待以上の盛りだと幸福になる。今回紹介する我孫子の「リバーサイド」もそんな大盛り店だった。

riverside_view.jpg


----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 14:19| ジュニアでお出かけ

2007年09月26日

超低稼働率に悩む

 

昨日近所でキンモクセイの匂いがした。夏も終わりだ。

今年は意識的に出かけようと心がけたこともあり、時間があればどこかに行ってみた。キャンピングカーなどと言う物は「使ってなんぼ」、置いておくだけではただの経費喰いだ。

初夏には東北に行った。
青森の北端、大間岬や恐山から福島までいろんな所に行ったものだ。

osore_flag.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 17:18| 雑談

2007年08月22日

市川市民プール

夏休みの真っ直中だが、驚くほどジュニアを活用していない。

だいたいこの時期は長い休みが取りやすいので、キャンピングカー乗りは暑くなる前にフェリーの予約に全力投球し、お盆休みを北海道などで過ごすものだ。宿が馬鹿高いお盆の北海道で連泊してこそ、キャンピングカーの醍醐味と経済性が光るのだ。


しかし今年我が家の夏休みはないに等しい。受験のせいだ。
あと10年早くキャンピングカーを買っておけば良かったと心から思う。やっぱりこういう道具は、常時家族単位で活動する時期にこそ役立つのだと痛感する2007年猛暑の夏だ。


ジュニアは海遊びに強い。
153リットルの清水タンクとボイラーは、砂にまみれた体を洗うのに便利だしダイネット入り口の正面がシャワー室でアクセスも良い。またエアコンもあるので、暑苦しい砂浜から逃亡することが簡単だ。もちろん他のキャンピングカー同様着替えの場所にも困らない。要は「海の家要らず」なのだ。



ということでせっかくの夏休み、せめて一番下の子どもだけでも海にでも連れて行こうと誘ったところ、こんな返事が返ってきた。
「大きいプールの方がいい!」
そうですか。じゃぁ行きましょう、「大きなプール」。


という事でやってきたのが市川市民プール

ichikawa_park.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 15:26| ジュニアでお出かけ

2007年08月02日

無念、たかつえ…orz

 
私がジュニアを買う前から、憧れていたことがある。
バーベキューをしながらの花火大会鑑賞だ。

首都圏に住んでいると、花火大会=人混みとなる。
若い頃隅田川の花火を友だちと見に行ったときには、地下鉄の出口からほとんど身動きが取れず、ビルの上で赤く光る空だけを眺めたものだ。良い場所で見ようと思うと、かなり早めに場所取りをしなければならない。

規模の大きな花火大会は首都圏ではなくとも似たり寄ったりだと思う。では、小さな花火大会を見ればよいではないかとも思うのだが、そうそうお出かけのスケジュールは合わない。花火だけのために遠出するのはどうか、という気もしてしまう。この場合は旅行+花火ということになるだろう。

キャンプやバーベキューと花火鑑賞が一緒にできれば最高だ。
そして地元住民ではなくともこれが可能だと言われているのが、たかつえ高原の夏祭りだ。

taaktue_web.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 23:06| 雑談

2007年07月14日

めしBBS!


夏のキャラバンシーズンを迎え、みなさん各地へお出かけだと思います。私も何回か出かける予定があるのですが、毎回自炊とは行きません。またせっかくだから現地で人気のお店にも行きたいと思っています。

しかし、事前にネットでチェックでもしない限り、なかなか地元ならではのお店は分かりませんし、携帯でチェックできるサイトも「どう考えても広告料を取って掲載しているな」みたいな所が多く、といって巨大掲示板を検索するのも携帯では大変です。

そこで試みにこんなのを作ってみました。

めしBBS
http://www.japantg.com/meshibbs/

携帯からの閲覧や書き込みも簡単なように、極力軽くしてあります。もちろんPCからの閲覧や書き込みも可能です。

ヒモつきではない生の声の情報が集積すれば、気ままなキャラバンや旅行、おでかけの時にもおかしな店で食事をして後悔することも少なくなると思うのです。

まだ出来たばかりでほとんど情報がありませんが、皆さまにご協
力いただければ、少しずつ使えるものになると思います。

よろしかったらお暇なときにでも、見たり書いたりしていただけるとうれしく思います。^^

meshi1.jpg

meshi2.jpg


posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 18:33| 雑談

2007年06月18日

第16回アウトドアジュニアオーナーズオフ 「小野上温泉ホタルオフ」

 

キャンピングカーの理想の宿泊地の条件としては、まず温泉があること、そして車の前でバーベキューが出来ることかもしれない。ジュニアにはシャワーがあるので体を洗うことはできるが、やはり天然温泉の魅力には敵わない。駐車ポイントから徒歩圏内に温泉があれば最高だ。

今回のオフ地である小野上温泉センターには、建物前の駐車場の他に1分ほど歩いた川沿いに第2駐車場があり、ここで車中泊することもバーベキューをすることも可能だ。

onoue_map.gif

onoue.gif

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 07:21| ジュニアでお出かけ

2007年05月31日

ソーラーパネルの実力


子どもが遊んでくれないため、ここ2週間ほどジュニアを動かしていなかった。

車は機械だ。
機械は定期的に動かしておかないと調子を落とす。特に発電機は油断してると月単位で動かさないので、意識して時折回すようにしている。軽くジュニアのエンジンを回し、発電機を回そうと思ったのだが、ふと思った。
「その前にソーラーの実力を見てみるべきではないか?」
それに今日は清水タンクの排水もしたい。
清水タンクといっても、所詮はポリタンクだ。私は158リットルのタンクに「飲用が可能に成る半分程度」の濃度で次亜塩素酸を混入しているので、短期間でタンクの水が悪臭を放つことはそうないが、それでもやっぱりおでかけの度に水は入れ替える。

そこで今回は、ジェネを回さずサブバッテリーでコーチ部の電気製品を全てオンにして、更にポンプで排水をしてみた。

jr_slr_sink.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 19:39| 改修・改造・ユーティリティ

2007年05月24日

おでかけ作戦、敗北 orz


今夜は一家の大黒柱である配偶者が家にいない。出張なのだ。

しかも明日は偶然にも長女・長男とも休校になっている。土曜に行事があるため、金曜を休校とするとのことだった。 こんな偶然滅多にあるものではない。これはおでかけだ。ジュニアでお出かけするかない。木曜の午後家を出れば、私の大好きな北関東から南東北の温泉くらいは楽勝だ。しかも配偶者なしの4人なら、狭いジュニアでも無理なく車内で全員寝ることが出来る。

私はここ2回、アウトドアジュニアのオフ会に参加できなかった。
オフ会はジュニアを遊ばせておかない絶好のチャンスなのだが、それすら逃している。この機を逃すことはできない。

JR_atpark1.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 17:16| 雑談