2008年01月14日

バッテリー切れ


私のアウトドアジュニアは購入して2年を少し過ぎた。

キャンピングカーなどと言う物に関心がある人間は、運転席よりやはりダイネットに関心が行く。私もダイネットはかなり手を入れた。電源についてもいろいろ考え、2800wの発電機を積んでいるのにも関わらず、ソーラーパネルを装着しサブバッテリーの消耗には気を使ってる。気が弱くなかなか発電機を回すことができないためサブバッテリーがすぐ消耗するからだ。今のサブバッテリーは2台目。もちろんディープサイクルだ。1年に1回サブバッテリーを交換してきたことになる。

しかしメインのバッテリーは買った時から全く交換をしていなかった。更に最近は「いかにバイクで冬を乗り切るかごっこ」が面白くなってしまい、ジュニアは駐車場で待機することがほとんどだった。


そして報いが来た。

jr_btoff1.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 01:35| 改修・改造・ユーティリティ

2008年01月19日

ソーラーシステムとディーブサイクルバッテリーの相性


さて、先日メインバッテリーをあげてしまったジュニアだが、メインのバッテリーが上がるほど乗らなかったため、サブバッテリーの充電はソーラーパネル頼りだった。我が家はみみっちい集合住宅に住んでいるため駐車場は機械3段式という体たらくで、一軒家の用に常時AC電源から充電するわけにがいかないからだ。

ところがサブバッテリーをチェックしてみると、ソーラーで放置していたところかなり電圧が下がっていた。積んでいるのはその性能に定評があるボイジャーバッテリー105A
だ。



ボイジャーのディープサイクルバッテリーは性能には定評がある。やはりここは充電システムの問題だろう。そこでちょっと考えてもたところ、このバッテリーは専用のチャージャーでないと十分な充電はできなかったのだった。

知らなかったわけではない。忘れていた。こう見えても私はなかなか頭が悪い。その証拠に前日の夕飯メニューすら最近ではなかなか思い出せない。

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 22:17| 改修・改造・ユーティリティ

2008年01月26日

走行充電システム追加

 
さて、バッテリーをボイジャー社のディーブサイクルからブライトスターの物に取り替え1週間以上が経った。前回も書いたが、ボイジャー社のディーブサイクルバッテリーは、専用充電器で始めのうちは16v前後の高圧で充電する必要があるが、ブライトスターのものはそういった特別な電圧のコントロールが必要ない。

私はマンション住まいのため、駐車場は機械3段式だ。
アウトドアジュニアは近くの賃貸駐車場に駐めているため、AC電源による常時充電が出来ない。そこでソーラーパネルを装着したのでが、これがボイジャー社のバッテリーとは相性が良くなかった。そのためのサブバッテリー交換だったのだ。果たしてその結果はというと、これが大正解だった。バッテリーを交換して1週間以上、しかも雪の日もある日照量が少ない時期、日が傾き始めた午後でも電圧は13.5vを保っている。

そして今回更なる充電システムを装着した。
走行充電装置だ。

jr_sbc001_line.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:38| 改修・改造・ユーティリティ