2008年02月02日

メインバッテリーにソーラーチャージャー装着

 
頻繁に書いているが、最近ジュニアの稼働率が低い。

子どもたちがダブル受験のせいもあるのだが、新車で138000円という価格破壊王125ccバイクで通勤することが増えたためだ。このバイクは価格もさることながら燃費が良く、ガソリン高の昨今、スタッドレスをはいているジュニアがリッターあたり7〜8kmしか走らないのに対し、リッターあたり35-40kmの低燃費だ。通勤1回あたり600円のお小遣いがいただける計算になるし、最近「装備と工夫でバイクの寒さに耐えようごっこ」が面白く、敢えてバイクを選ぶ機会が増えているのだ。

この年になると400cc程度のバイクにはあまり関心が湧かない。
リッター超えの大型バイクか街中で小回りが利く125cc未満の原付2種にしか魅力を感じない。そして通勤では渋滞のすりぬけが可能な原付2種が便利だ。この原付2種(51-125ccのいわゆる小型自動二輪)は保険も維持費も燃費も安上がりで、しかも50ccバイクと違って30km/h制限や2段階右折もないため、街中では最強の乗り物なのではないかと思う。

とバイクばっかり可愛がっていたら、先日ジュニアに仕返しを受けた。メインバッテリーあがりだ

確かに最近私はジュニアに少し冷たかったと思う。
しかも同じジュニアでもサブバッテリーには70wのソーラーパネルやらアイソレーターやら何かと手をかけてきたがメインバッテリーは薄暗い運転席の下で放置されていた。薄暗い運転席の下でロクに気をくばってもらえず閉じこめられたら私だって怒る。そこで今回反省の意味を込めてメインバッテリーにもソーラーチャージャーを装着した。

solor_view.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 19:56| 改修・改造・ユーティリティ

2008年02月03日

軽自動車のキャンピングカー「軽キャンパー」徹底比較


軽自動車のキャンピングカーが人気だ。

その気持ちは良く分かる。私もアウトドアジュニアの購入を決定するまでは、当時選択肢の一つとしてラクーンとヤドカリを考えていたし、「小さなキャンピングカー」というコンセプトが気に入っていたからだ。AUTO CAMPER (オートキャンパー)2008年02月号の「ビルダー&ショップが選んだベストキャンピングカー」という特集で、ベスト10のうち10位にラ・クーンが、そして8位にテント虫がランクインしていた。キャンピングカーを作る側から見ても、軽自動車キャンピングカー/軽キャンピングカーの魅力は捨てがたいということだろう。

軽自動車キャンピングカーの魅力は何だろうと考えると、まず安さが頭に浮かぶ。国産のキャブコンは安い物でも300万円台からなのに、軽自動車のキャンピングカーは200万円が中心で中には100万円台のものもある。

しかし普通の車として、軽自動車のキャンピングカーは決して安くはない。220万円あったらプリウスの新車が買える。フィットやヴィッツと言った大衆車クラスなら2台も買える。中には「200万くらい安い物」という人もいるだろうが、私にとって200万は大金だ。200万円台という価格に見合う魅力が軽自動車のキャンピングカーにあるのかどうか、考えてみた。


まず、軽自動車の単なるバンコン、つまりバンクベッド型のFPR加工やルーフポップアップなど、プロではなければ出来ない加工がされていない軽キャンピングカーには全く価値がないと感じる。

これは本家のバンコンのページでも書いたが、ただワゴン車にベッドと調理器具を取り付けただけの「キャンピングカー」に数百万円も払う気がしない。ましてや、軽自動車でだ。そんなものを買うなら、その辺の中古車屋や個人売買で30万位の軽ワンボックスを買って、後部にウレタンマットとフローリング材を敷き詰め、こんな折りたたみベッドでも積んだ方が良い。このバートボーダーフォールディングコットなら2980円だし評判も良いし、別に荷物室をフローリング加工しなくても、これを2台後部に並べれば立派な就寝定員2名のキャンピングカーだと思う。簡易ベッドが嫌だったらどこでも売っている折りたたみベッドを買って載せればよいとも思う。これにマットレスや毛布をセッティングすれば、その辺のキャブコンのバンクベッドよりよほど寝心地が良いだろう。水が欲しかったらウォータージャグを、テーブルが欲しかったらフォールディングテーブルを載せればよい。実際軽自動車のワンボックス車を立派なキャンピングカーに自力で改造した人も少なくない。この方が圧倒的に安上がりだし、何より楽しいと思う。

では、完成品として買う価値がある軽自動車のキャンピングカーはどれだろう。自分が今買うとしたらどれを選ぶだろう。オートキャンパー誌に登場した2台にはどちらもFRP加工やポップアップルーフなどプロの仕事がしてある。さすがに定番だけあって間違いはない。


まず固定ファンも多いラ・クーン
raku-n.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 16:39| 雑談

2008年02月16日

ジュニア秘密基地計画1 -スタジオ@アウトドアジュニア、

 
私のアウトドアジュニアの中には、1台のシンセサイザーが積んである。RolandのJV-80だ。

自宅には88鍵のMIDIピアノタッチMIDIコントローラーと3台のシンセサイザー、2台の音源をラックに組んでいるがその中に入ることはない。100%キャンピングカー専用だ。別に旅先でピアノを弾いて家族で歌うわけではない。私が外出した時、あるいは一人で鍵盤を弾きたい時に使うためのものだ。だから駐車場で弾くことも多い。子どもたちが大きくなって、キャンピングカーは家族のお楽しみツールから私の秘密基地にじわじわ衣替えを始めている。

ヘッドフォンで演奏すれば近所迷惑にもならないし、アンプを使わなければ諸費電力も低い。ジェネなど回さず、ソーラーパネルで充電したサブバッテリーで朝まで弾くこともできる。ちなみに没入して弾きたい時、ボイシングに凝りたい時などは天井灯を消してLED照明だけにする。こんな感じだ。更に没入したい時、あるいは酔っぱらって来た時はこのLED照明のカラーモードを使う。ますます暗くなり、音に浸りやすい。

jv80_ledblue.jpg

見ようによってはかなり怪しい空間だが、私には居心地が良い。

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む)(ランキングへ)
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:58| 改修・改造・ユーティリティ