2008年06月17日

ばんや・保田漁港対岸空き地

 

ばんやでお腹をいっぱいにした私たちは、本日のP泊地に向かう。

といっても、車で3分もかからない保田漁港対岸の空き地だ。
ここは前回の羊丸焼きオフ会の会場でもあり私は記憶に新しいが、家族を連れて行くのは初めてだ。

道の駅保田の裏側にあるこの空き地は、釣りをする人たちの車も少なくなく、同じくらい車中泊をする車やキャンピングカーがいる。この場所は徒歩圏内に夜10時まで営業しているスーパーがあり、ばんやがあり、番屋の横には24時間営業の500円で入れる温泉があるなど、P泊には絶好の場所だ。キャンピングカー乗りには以前から有名な場所だったが、この春私もMLに参加しているCCCの上原さんが快適車中泊スポットガイドという本で紹介したため、更に有名になっている。


運の悪いことに小雨がたまにぱらつくので、スクリーンタープを張る。私はこの作業が苦手なのだが、4人いると小さなアウトドアジュニアは狭くてしかたないので、泣きながら張る。あ〜、めんどくせ。とりあえずタープのおかげで、ジュニア=寝室 / タープ=ダイニングリビングという図式ができあがる。私はジュニアを選んだことを後悔していないが、家族4人だと、やはりスクリーンタープは必須だ。こういう時、車内で家族がゆったり食事できる大きなキャンピングカーが、ちょっとうらやましくなる。

JRHOTA_1.gif

-------------------------------------------------------------

 
ばんやでお腹をいっぱいにした私たちは、本日のP泊地に向かう。

といっても、車で3分もかからない保田漁港対岸の空き地だ。
ここは前回の羊丸焼きオフ会の会場でもあり私は記憶に新しいが、家族を連れて行くのは初めてだ。

道の駅保田の裏側にあるこの空き地は、釣りをする人たちの車も少なくなく、同じくらい車中泊をする車やキャンピングカーがいる。この場所は徒歩圏内に夜10時まで営業しているスーパーがあり、ばんやがあり、番屋の横には24時間営業の500円で入れる温泉があるなど、P泊には絶好の場所だ。キャンピングカー乗りには以前から有名な場所だったが、この春私もMLに参加しているCCCの上原さんが快適車中泊スポットガイドという本で紹介したため、更に有名になっている。


運の悪いことに小雨がたまにぱらつくので、スクリーンタープを張る。私はこの作業が苦手なのだが、4人いると小さなアウトドアジュニアは狭くてしかたないので、泣きながら張る。あ〜、めんどくせ。とりあえずタープのおかげで、ジュニア=寝室 / タープ=ダイニングリビングという図式ができあがる。私はジュニアを選んだことを後悔していないが、家族4人だと、やはりスクリーンタープは必須だ。こういう時、車内で家族がゆったり食事できる大きなキャンピングカーが、ちょっとうらやましくなる。

JRHOTA_1.gif

hota_2.gif


子どもたちは釣りを開始する。
お子さま用のさびき仕掛けの竿2本と、適当にその辺で釣りごっこをするための、短いルアーを与える。さびきは長男用、ルアーはちび用だ。それなりに楽しいらしく、持たせたトランシーバーでうんざりするくらいマメに報告してくる。魚ではなくなぜか蟹を数匹釣ってきたが、楽しかったようなので良しとする。

hota_turi.jpg


暗くなったら、キャンプ恒例のバーベキューだ。

ここはスーパーが近いので、食材は何も持ってきていない。日が落ちてからのこのこ4人で買い物に出かけ、買ってきた物をそのまま切って焼く。アメリカ人もびっくりの雑なバーベキューだ。本来なら海鮮に手を出すべき環境なのだが、魚は昼に嫌と言うほど食べ、まださほどお腹が空いていなかったこともあり、記録的なほど食べないバーベキューとなった。少なめに買った牛肉さえもてあますなど、我が家では滅多にない。

食後「ばんやの湯」で全身のバーベキュー臭を洗い長し就寝。
車内では、最近導入されたビデオライブラリシステムムービーカウボーイから、就寝用幼児映画として「となりのトトロ」が上映される。このムービーカウボーイは、MpegやDivXの映画なら数百本保存でき、キャンピングカーに積んでおくにはDVDプレーヤーなどより良い。手当たり次第に動画を詰め込んでおけば、気まぐれな子どもの要望にもかなり対応できる。これと、今更ながら最近導入した出入力2系統のワンセグチューナーで、ジュニアのテレビ環境は万全だ。


翌朝はタープダイニングで手っ取り早いうどんの朝食だ。
実は港の反対側に、やはりアウトドアジュニアに乗っているはとさんという知り合いが来ていて、ジュニアを発見・アクセスしてきたらしいのだが、あまりに熱心に朝食を食べているので声をかけそびれたらしい。どうも我が家は鬼気迫るような食事風景を展開しているようだ。

この日は富津の火力発電所を見学に行く。
工場見学は我が家の大変好むところであるし、マザー牧場やシーワールドなどに言った日には、一本道の果てしない渋滞につかまってしまう。そのくせ内容はサンディエゴやオーランドのシーワールドの入り口周辺にも及ばないのだから、あんまり食指は動かない。割り切って遊べば、それなりに楽しいのかもしれないけれど。

富津の火力発電所見学は1日2回、正味20分ほどのバスツアーだったが、私も家族もこういう場所が妙に好きだ。ちびはというと、発電所見学より、隣接する「テプコ新エネルギー館」の科学館的展示やアスレチックに夢中になっている。1時間もすれば退屈するのではと思っていたのだが、小さな子どもにはなかなか楽しいらしく、2時間以上はしゃいで遊んでいた。まぁ、これはこれで良い。

tepko_huttu.gif

futtu_asr.gif


この後木更津の「地元で人気の鮨屋」に2時間待ちで入り、都心まで合計30km渋滞の館山道に突入する。高速は適当に使って渋滞は10km弱しかつかまらなかったが、下道も当然それほど空いてはいない。木更津から自宅まで、結局2時間程かかる。

kisarazu_yamato.gif


まぁこれが日本のGWというものだろう。

10数年ぶりに味わった、どピーク時の行楽だ。こどもたちも、行列や待ち時間に驚いていたが、日本のGWの底力はこんなものではない。次回は、更に混雑する東北道で行く那須や関越道で行く軽井沢などに連れて行き、我が国の名物である「混雑と行列の日本のGW」を教えて行こうと思う。


* 聞いたところによると、この保田漁港対岸空き地だが、最近「キャンピングカーの長時間の滞在禁止」の看板が出たらしい。優れたP泊地が使えなくなり、残念なことこの上ない。


よろしければランキングのクリックをぜひぜひお願いします!


posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 08:07| ジュニアでお出かけ