2006年11月01日

東海館 - 古き良き温泉旅館

 もう伊豆に見るモノはないが、もう一風呂くらいは浴びたい。

どこか良い日帰り温泉はないかと観光案内を調べていたら、ちょっと面白そうな日帰り湯を見つけた。伊東の東海館だ。

toukaikan_vewfromriver.jpg

---------------------------------------------------------------- もう伊豆に見るモノはないが、もう一風呂くらいは浴びたい。

どこか良い日帰り温泉はないかと観光案内を調べていたら、ちょっと面白そうな日帰り湯を見つけた。伊東の東海館だ。

http://www.itospa.com/festival/tokaikan/tokai.html


 ここは平成9年まで普通の温泉旅館として営業をしていた。
しかし大型ホテルの乱立やバブルの崩壊で、そして後継者もいなかったのだろう、廃館後は伊東市に寄贈され、その貴重な伝統的建築が評価され、観光協会管理による観光施設へと変わったのだ。

 昭和初期に建てられた東海館は、当時は周囲を一望できる高楼だったらしい。

toukaikan_vewfromriver.jpg

toukaikan_view.jpg


 玄関を入ると、典型的な「昔の温泉旅館」の光景が広がる。

toukaikan_iriguti.jpg


 しかしここはもう温泉旅館ではない。展示館+日帰り湯なので、旅館や温泉街の歴史や資料などが展示してある。一種の博物館だ。

toukaikan_tenji.jpg


 ぱっと見ると「老朽化した古い温泉旅館」なのだが、説明を読みながら細部に注目すると、様々な彫刻や工夫されたデザインの廊下など、結構贅を尽くしていることが分かる。ゆっくり館内を回る。

toukaikan_rouka.jpg

toukaikan_rouka3.jpg

toukaikan_rouka2.jpg

toukaikan_room.jpg


 館内には登楼もある。
建築当時は周囲を一望する高層建築であり、また宿の看板でもあったのだろう。現在では、周囲にさほど高くはないのだが、それでも登楼よりは高いビルが建ち並び、その辺の家の屋根に上がった程度の眺望だ。遠くには「よんいちにぃろく」のハトヤも見える。あそこにも負けちゃったんだねぇ…

toukaikan_towerview.jpg




 さてこの資料館、館内を見学できるだけじゃない。
入館料200円にあと300円を奮発すれば、温泉に入ることもできる

 露天風呂はない。小ぶりの内風呂が二つだけだ。
時間帯によって大浴場と小浴場が男女に振り分けられる。この時間男性は小浴場だった。なんと洗い場が一人分しかない。狭くて小さい。昔の温泉旅館の風呂はこんなものだったのだなぁ。今では露天風呂がないと見向きもされなくなってしまったが、昔は温泉というだけで十分だったのかもしれない。狭い浴室だが、誰も入ってこないので貸しきりだ。これはこれで気分がよい。お湯も良い。伊東のお湯は伊豆でも上等な部類に入る。


toukaikan_yu.jpg



 お湯からあがり、もう一度見学コースの部屋に戻る。
ベランダの椅子にタオルをかけくつろいでいると「夕飯は何時だろう?」などという気になる。500円の出費で温泉旅館宿泊気分の50%は味わった気分だ。

toukaikan_room2.jpg



 この旅館、閉鎖直前は1泊2食で15000円前後だったのだそうだ。
正直、歴史や伝統は感じても、この宿に15000円支払う客は、そう多くなかっただろうと思う。もし、子どもたちをこの宿に泊めたら、「え〜!ここなの?」とか「露天風呂ないの」など不満を言うだろう。周りには大型で新しい温泉ホテルが乱立していて、ネットなどで価格競争をしている。正直勝ち目はない。好事家のご贔屓だけが頼りだったのだろう。


 しかし、観光施設として、そして日帰り温泉としてここは秀逸だ。
伊豆にはろくな観光施設がないと書いたが、前言を撤回する。ここ、東海館は日本の温泉旅館の伝統を知ることができお風呂にも入ることができる、素晴らしい施設だ。鼻息荒くお勧めしたい。


"東海館"
伊東市東松原町12-10
0557-36-2004




よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ

よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアでお出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3045312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック