2006年08月25日

ベントの蓋破損、見積もり

 本日リーエキスポートから電話をいただきました。


 先日壊れた、ベントの蓋(リッド)修理のおおよその金額を教えていただいたのですが、うーん、ちょっと高い…。リッド(蓋)だけのパーツがリーエキスポートにはないということで、ベント全体の交換ということになってしまうとのこと。


 社長が1台1台手作りするからこそ魅力的なアウトドアジュニアだけれども、こういう時大量生産ビルダーのように「パーツの一部だけ」と行かないのは、やっぱりしかたないんだろうなぁ。月2台の生産なのにパーツのデッドストックを持つほど、大きな会社じゃないし。


 自棄をおこして MAXXFAN の大体の値段を聞くと、パーツと工賃で8万以上。オリジナル品でも3万台。い、痛い…

http://www.maxxair.com/products/MaxxFan.aspx

 私を哀れに思った社長さんは、ベント交換で余った中古品を15000円で譲るとおっしゃってくれました。あ、ありがたいです、社長。儲けないでしょ? (´Д⊂


 でも、8万を出してMAXXFANへの交換をお任せするには夏休みお金を使いすぎてしまったし、せっかくの修理だから、同じ物を着けるのもつまらないし。


悩みます。

よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 改修・改造・ユーティリティ

2006年08月23日

憧れの花火大会に行くぞ!

 ジュニアを買う前から憧れていたことがあった。
キャンピングカーで花火大会を見に行くことだ。


 キャンピングカーさえあれば渋滞もそれほど苦痛じゃない。ジュニアならシャワーもトイレもあるし、待ち時間に疲れたらダイネットでごろごろしてテレビかDVDでも見ていればよい。隅田川のような都内では難しいけれど、駐車場がある大会なら、かなり快適に花火見物ができるはずだ。


 サイドオーニングを広げてバーベキューをしながら花火を見ることのできる、憧れのたかつえ高原の花火は、娘のコンテストのため行くことができなくてちょっと悔しい思いをした。そしてそれが終わったらすぐタイに直行。今年もろくに花火を見ていない。


 9月の土浦まで我慢かと思っていたら、なんと今週末近場で花火大会があることを発見。
yachiyo.gif

http://island.qqq.or.jp/hp/yachiyocci/furusato/index.html

近場だし、5000発とそこそこの規模だし、なによりマイナーな大会で駐車場があるのが良い。今年の初花火、かつジュニアを活用しての初花火はここで決まりだ! 楽しみたのしみ ^^




よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアでお出かけ

2006年08月22日

ベンドのふたが取れました。^^;

愛車ジュニアのダイネットの天井にある、換気用のベンドのふたが取れてしまいました。実は、取れたのは結構前だったのですが、開いた穴には応急処置をしてそのままだったのです。

せっかくだからMAXXAIRあたりのベンドでも着けようかと eBay をのぞいてみたら、本体は$207で買えるのに日本までの送料が$270。これじゃ日本で買う方が安いんですけれど ^^;

という訳で、リーエキスポートさんに電話して修理をお願いしました。ベンドの蓋だけならバンテックのパーツセンターで3000円もしないのだけれど、まだ私のジュニアは社長さんに見てもらっていないので、一度ご披露しなくては、との思いもあっての修理依頼です。

まぁ、新しい蓋を取り付けるだけの作業、そんなに高くつくことはないだろうし。^^ 歴史的な私のジュニアを見て社長さんが何と言うか、今から楽しみです。懐かしがってくれるかなぁ?


よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアジュニア

2006年08月04日

明日からタイです。

せっかくのジュニアを活用しない夏。明日から2週間タイに行ってきます。

前半は車を借りてタイ北部をぐるぐると、後半は南に飛んでクラビ周辺でだらだらとという計画です。

こういうとき「タイにキャンピングカーを持って行ければなあ」と…、いや、それは思わないんですね。タイなら1500円も出せば、エアコンとお湯の出るシャワーのある清潔なホテルに泊まることができるのです。それに知らない国では強盗さんも怖いし…

でも、いつかキャンピングカーで陸路中国からヨーロッパまで走ってみたいなぁ、なんて夢はないでもありません。治安などを考えるとあまり現実的ではなく、私が運転する体力があるうちにそんな世の中になるとも思えないし…

現在、キャンピングカーで現実的に行けそうなのが韓国くらいかな?
いつか私のジュニアは日本を飛び出す日がくるのでしょうか?


よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年07月31日

コインパーキング

久々にキャンピングカーの話題です。

国産のキャブコンを選ぶ理由の一つに、その小ささがあります。
予算と機動性が許せば、大きなキャンピングカーの広いダイネットでガウンでもまといつつワインを、なんてこともできるのですが、5m x 2m サイズのキャブコンはやっぱり走るキャビン。短パンにTシャツがお似合いの世界です。

でも、やっぱりコインパーキングにさっと駐車できる魅力は大きいです。特に最近の法改正で、危なげな駐車はできないですから。



coinpark3.jpg

coinpark2.jpg



よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアジュニア

2006年07月28日

エアコン修理完了。72000円也

エアコンの修理が終わりました。

「コンプレッサーの巻き込み」ということで、エアコンコンプレッサーの交換とダクトの掃除で7万と少々。

夏休みを前に、これは痛い。。
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 改修・改造・ユーティリティ

2006年07月19日

エアコン故障…

運転中、突然の異音とともにゴムの焼ける臭い。
あわてて車を寄せて止め、ギアをニュートラルに入れる。でも、異音は止まらない。

ふと思いつき、エアコンを止める。異音が止まる。


コンプレッサー、逝きました。ヽ(´ー`)ノ


故障が早く来るのは中古車の宿命とはいえ、この時期にエアコンに来るは見事。敵ながら天晴れである。

ちなみにコンプレッサー交換は5〜6万円かかるそうです。(´Д⊂
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアジュニア

2006年07月08日

夜食 - 新メニュー完成

 お腹が空いたので夜食を作った。

 例の上州ラーメン@35円は既に食べ尽くしてしまい、手軽な物は 「イオン株式会社 TOPVALU 信州そば」(400g105円)しかない。仕方ないのでこれを調理することにする。

 この"信州そば"は素晴らしい。
400g4人前で105円という値段もさることながら、カナダ産50%、中国産50%でありながら"信州そば"であることが良い。袋にはこう書いてある。
「産地の違う2種類のそば粉(カナダ産50%、中国産50%)をブレンドし、長野県で製造しました。(以下略)」

 これはもう誰が考えても信州そばだよなぁ…

-----

 大食いの私は二束200g、52.5円分を茹でる。
もりそばにするのも捨てがたいが、今日はなぜか暖かいそばも食べたい。そこで温冷2種類を作ることにした。

 冷たいそばに迷いはない。薬味と大根おろしで食べる。問題は暖かい方だ。種になるものが何もないのだ。かけで食べれば良いのだろうけれどちょっと寂しい。「何かないかな」と食品庫を漁っているとシーチキンの缶詰があった。 お?もしかしたらいけるかな?

 直ちに脳内で味のシミュレートを開始する。サラダ油マリネのマグロは、疑似かしわそばの種だと思えば良い。缶詰の油は天ぷらそば+鴨南蛮のつゆ的な味作りに貢献しそうだ。意外と悪くないかも…

 麺を茹でつつ、つゆの作成にとりかかる。といっても、ベースは生協の"つゆの素"に刻み葱と七味唐辛子を混ぜるだけ。問題はシーチキンの油をどの程度混入するかだ。初めてのメニューでもあり全部を入れるのは少々怖い。缶の蓋で中身を軽く押して半分程度の油を落とし混入する。ドキドキ…

-----

 で、できあがったのがこれ。味はそれほど悪くなかったぞ。
思いつきで安上がりかつ簡単にできる「シーチキンそば」(写真右)、勇気のある方は是非お試しを。


yahsoku.jpg


よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年07月03日

セッションしてきました

session.jpg

 月に1回くらいスタンダードジャズのセッションに参加している。呼ばれているような気もするし、参加させてもらっているような気もする。この辺はどうも良くわからない。

 もともと自分はスタンダードジャズは演らなかったし、ウッドベースを弾いた経験もほとんどない。スタンダードな4ビートより16ビートの方が好きだ。マイルスだって電化しなければさほど聴いてなかったと思う。

 それになにより日本の4ビートファンが苦手だ。スタンダードジャズ至上主義で、他ジャンル、特に遠い近親関係にある電化16系の極端な蔑視など、価値観が狭い人も少なくないように思う。しかもそういう輩には自分で何一つ演奏をしない連中も少なくない。
 中にはプロになっても「Chick Coreaは人間はジャズだけれど音楽はジャズじゃない」とか白痴の様な言葉を吐く日本人もいる。あ〜、嫌だいやだ。島国だね〜。度量狭いね〜。気持ち悪いねぇ〜…


 幸いなことに自分を呼んでくれるのは様々なジャンルの音楽に理解と関心をもっている人たちで、正直かなり助かっている。実際、そうじゃないと演奏もうまくならないと思うんだけれどね…。まぁ、でなければ電気ベースなんかを呼びつけたりしないんだろうけれど。ともあれ、このセッションは個人的にも勉強になることが大変多く、かつとても楽しい。


   唯一、ささいな問題を除いて。


 夜、電話のベルが鳴る。ピアニスト氏だ。大変に温厚な好人物でしかも年長者、かつ、とある世界の先輩だ。しかしセッションとなると、多少人格に問題が発生する。

-----

某氏 「こんばんは。久しぶり。元気ですか?」

tg 「こんばんは。ご無沙汰してます。実は今体調を崩していまして」

某氏 「それは大変ですね。ところで、明日11時からセッションどうですか?」

tg 「いや、ですから体調を崩していまして…」

某氏 「そういう時こそ音楽ですよ。11時でいいですか?」

tg 「風邪とかじゃないんです。療養休暇を取ることになってしまって…」

某氏 「それは大変だ!大丈夫ですか?無理しないで下さいね。体を壊しちゃ元も子もありませんよ。じゃ明日11時待ってます」

tg 「……」

-----

 結局4時間のセッションにフル参加してきた。リハビリを兼ねてとも思ったのだが、4時間ははやりリハビリの域を超えていて、家に帰るや否や爆睡してしまった。疲れた。


 ちなみに今までにもいろいろ都合はあったのだが、参加を断ることが出来たことはかつて一度もない。「車が壊れました」くらいではきっとだめだろう。絶対に迎えが来る。子どもの病気ならどうだろうか? 看病のためにお子さんか奥さんを家に送ってくれそうだ。ちょっとやそっとじゃダメなのだ。

次回どうしても参加できない時には「今、家が燃えているんです」と言おうと考えているが、許してもらえる確率は50:50程度だと思う。



よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

キリン製品1年分再び



 えらい話を聞いてしまった。

 前回書いたキリンチャレンジカップの副賞は、今でこそソフトドリンクはNUDA500mlだが、以前はアミノサプリ2000mlx365本を贈られていたらしいのだ。NUDA発売以前に日本に勝ったチームは何千万円の手荷物超過料金を支払ったのだろう…

 とまぁ賞品を日本から持ち出すことばかり考えていたのだが、先程保管スペースについて全く考慮していないことに気がついた。我が家では生協には発泡酒を1ケース24本単位で注文しているのだが、いきなり1年分を贈られて来たら狭い集合住宅には保管場所などない。これは大変なことなんじゃないか?

------------------------------------------------

 2005年度、男子のキリン冠大会は12試合行われていて、そのうち日本は8勝している。ワールドカップ予選や海外の試合も「キリンワールドチャレンジ」と冠大会であることも判明した。
http://www.kirin.co.jp/active/sports/soccer/history/index.html
つまり2005年だけで、宮本やサントスなど代表常連は8年分のキリン製品を獲得していることになる。

 家にあった端麗生グリーンラベル350ccの6缶パックの大きさは、
12.5cm x 12.5cm x 19.5cm = 3046.875立方cm だった。
これで6缶なのだから、のどごし生と氷結生1年分の体積は

 3046.875 / 6 x 365 x 2 = 370703.125

約37立方メートルだ。

------------------------------------------------

 更にはアミノサプリ2g瓶だ。我が家には今2gのペットボトルがないため、やむを得ず「午後の紅茶ストレート1.5L」の体積を計測したところ1890立方cmだった。単純に容量と体積が比例すると仮定すると、1年分の体積は

 1890 x (2/1.5) x 365 = 919800、およそ91立方メートルだ。

------------------------------------------------

 1年分で約128立方メートルの体積があるのだから、宮本やサントスは2005年に1024立方メートルのキリン製品を獲得していることになる。

------------------------------------------------

 さて、我が家の天井高は2.7mなので、6畳間の容積はおおよそ、
 180 x 90 x 6 x 270 = 26244000、およそ26立方メートルだ。
この狭い部屋に箪笥を置き薄い布団を敷き夫婦と幼児合計3名が日々眠っている訳なのだが、キリン製品8年分の賞品保管には、

 1024 / 26 = 39.38(小数3桁以下切り捨て)

と、我が家の寝室約40室分のスペースが必要ということなる。いくらサッカー日本代表といえど、40の寝室がある豪邸に住んでいるとは思えない。特にサントスは馬鹿なので、段ボール箱の隙間に寝ているとも聞く。


 これ、嫌がらせなのか? そうなのか?


kirinbox.jpg



よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年07月02日

キリンチャレンジカップを早く!

サッカーのワールドカップももうすぐ準決勝が始まります。
私は根っからのサッカーファンではないので、日本が予選敗退した時点で一気に熱が冷め、つつましい日常生活を送っているのですが、心のどこかで「早く次の日本代表戦が見たい」とも思っています。となると、これは例の「キリンチャレンジカップ」ということになるのですが、以前エクアドル戦が終わった時に書いた日記を発見したので、そのままアップしてしまいます。^^;


 キリンチャレンジの対エクアドル戦、最後に佐藤が決めて日本が勝ったけれども、もしエクアドルが勝っていたら…

 キリンから"のどごし生"と"氷結生"、更には"NUDA"1年分がエクアドルに贈られることになる。私なら「全員で1年かけて大事に飲めよ」とチーム全体にに各製品を1ダースだけ渡すところだけれど、そこは大企業のスポンサー様、そんなみみっちい真似はしないだろう。各選手に1日1本程度は渡すよね?

 で、計算してみたのだけれど、

  喉ごし生 350g x 365 = 127.75kg
  酎ハイ  350g x 365 = 127.75kg
  NUDA 500g x 365 = 182.5kg  合計 438kg

容器の重さは考慮していないが、アルコールの比重の軽さなどを考え、とりあえず相殺すると仮定して計算を続けることにする。


 エクアドル選手のシートだが、国際A級マッチへの招待なのだからエコノミークラスと言うことはないだろう。と言ってファーストクラスはどうか?監督や役員のトップ以外は常識的にビジネスクラスと考えるべきだろう。となると中米線で追加料金なしでチェックインできる荷物は32kgまでだ。

すると各選手の手荷物を日本に全て捨てても、一人あたり406kgの超過だ。超過料金は各航空会社による裁量の部分も大きい。成田からエクアドルの首都キトまで乗り継ぎ予約が可能な便の設定があるのはデルタ航空とコンチネンタル航空のようだ。

-----------------------------------------
Delta Airlines Flight: 56
Departs Tokyo (NRT) August 1 3:30 pm
Arrives Atlanta (ATL) August 1 3:05 pm

( connecting to )

Delta Airlines Flight: 195
Departs Atlanta (ATL) August 1 4:55 pm
Arrives Quito (UIO) August 1 9:10 pm

-----------------------------------------
Continental Airlines Flight: 6
Departs Tokyo (NRT) August 1 3:55 pm
Arrives Houston (IAH) August 1 1:55 pm

( connecting to )

Continental Airlines Flight: 653
Departs Houston (IAH) August 1 5:50 pm
Arrives Quito (UIO) August 1 10:59 pm
----------------------------------------
http://flyaow.com/classcwt.htm

それではとデルタ航空、コンチネンタル航空での手荷物重量超過料金を調べてみたのだが、

----------------------------------------
コンチネンタル航空
"Note: Contact Continental Airlines Reservations to obtain specific rates based on destination"
http://www.continental.com/travel/policies/baggage/
check.asp?SID=B0C23E3962FD4E759DA859BB0B9CD353

デルタ航空
"Over 100 pounds not permitted"
http://www.delta.com/traveling_checkin/baggage/
baggage_allowance/excess_baggage/index.jsp
----------------------------------------

      ||i_| ̄|○i||  ダメ


 悔しいのでどこかに明確な記述がないかと検索ところ、我らが日本航空があった。

「 2.米国(グアムを含む)、カナダ、メキシコ、ブラジル以外の発着便について
お預かりする手荷物重量が無料手荷物許容量を超えた場合、超過した重量1kg(2.2ポンド)当り、超過手荷物切符の発行日に有効な最も高額のエコノミークラス普通大人直行通し片道運賃(日本発で普通運賃に2種類ある場合は高額な方の運賃)の1.5%をいただきます。」
http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/
よしよし。これでなんとか大体の金額は計算できそうだ。

 次は成田からキトへの正規航空運賃を調べなければならなのだが、AxessのFD/FRPが使えない現在では、ITN.netで今週あたりの運賃を参考にするのがベターだろう。

----------------------------------------------------
Base Airfare (excluding taxes) JPY 485800 (Adult)
Total Taxes USD 36.98
Total Airfare (including taxes) USD 4199.98 USD 4199.98
Service Fee $ 10.00
Total Price 4209.98
----------------------------------------------------
https://www.itn.net/cgi/
get?ref:hKznmW~PB1a*itn/ord=1143725412.07560,itn/pl/cwtwo2687

485800円だそうだ。


これに日本航空の規則を適用すると、

  485800 x 0.015 x 406 = 2958522

キリン製品1年分を持ち帰るためには、一人当たり300万円近い超過料金を支払わなければならない。


危ないところだったね、エクアドル。

kirin.jpg



よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月29日

一応ベース弾きなんです、私 ^^;

一応ベース弾きなんです、私 ^^;

 機材を整理して鍵盤を先に紹介してしまったせいか、何人かの人から「tgさんはKey弾きなんですね」と言われてしまった。小さい頃ピアノをやらされていたため、更には打ち込みのためKeyも弾かないではないけれど、私は自分がKeyを演るようなバンドなんぞには絶対参加したくない。ここだけの話、一応私はベース弾きだったような気がする。技量はKeyに毛が生えた程度の素晴らしさだ。

 写真左は Fender Jazz Bass (USA S8848423)@男の36回払い。購入時、指板は迷いに迷ってメープル。ボディは超圧縮材でめちゃ重い。体の大きな私でも3時間練習すると結構脚に来た。女の人なんかだといつか背骨が曲がってしまうのではないかな?

 以前はPrecisionなども使っていたのだけれど、Ampegのアンプとこれのコンビで使うことがほとんどになり他の楽器は処分。エフェクタもスラップ用にコンプレッサーを噛ませていただけだった。(家で録音する時にはラックのリバーブとディレイ程度は使っていたけれど。)今はToneworksのAX10Bで済ませてしまっている。(苦笑) コンプレッサーだけは未だにBOSSのアナログを使っているのは、おぢさんだからかなぁ。指板5フレットの横と裏の摩耗が、それなりに本気で弾いていたことを物語るような気がしないでもない。
bass2.jpg


 ついでにその辺に転がっていた弦楽器をまとめて撮影。左から Fender Jazz Bass、Legend LST-X、PINOCCHIO アンパンマンモデル、Maxsound The Biscuit (これはソウルの楽器屋街で衝動買いしたもの)。
bass1.jpg


今回は嘘はありません。^^;
しかし、いつになったら本来の「アウトドアジュニア日記」に戻れるのやら…



よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月28日

楽器紹介に些細なミスがありました

キャンピングカーネタがないんです… (´Д⊂


今朝の日記の楽器紹介に、些細なミスがありました。
取るに足らないミスですが、一応訂正しておきます。


----------------------------------------------------------------------
(誤) "STEINWAYS & SONS. -- GG-508" (ピアノ)
(正) "Roland -- RD-300" (写真左 デジタルピアノ/MIDIコントローラ)

 どうしても88鍵ピアノタッチの鍵盤が欲しくて、大昔バーゲンで買いました。よくあるデジタルピアノとの違いはスピーカが内蔵されていなくて脚もないことかな? 一応音源も入っているけれど、エフェクトすらなかった時代のものなので、今はMIDIで繋いだSK88Proのものを利用しています。古い機械だけれどMIDIコントロールが多少できるので、買い換える必要をまだ感じません。GG-508よりは1000万以上安上がりだったので、そこそこ満足しています。^^ でも実際に良いピアノ買うなら、スタインウェイよりベヒシュタインの方がいいな。ま、どっちも一生買えないけどさ。(´Д⊂




(誤) "HAMMOND -- XK-3" (オルガン)
(正) "YAMAHA -- W5" (写真中央 サンプラ/シンセ)

w5pic1.jpg

 数年まえヤフーのオークションで買った中古です。4万円位かな?ハモンド+レスリーより数十万円安上がりだったので、そこそこ満足しています。^^ ROMの音はイマイチだけれど少し加工すればかなり良い音が出るし、なによりも鍵盤のタッチがシンセとしてはMOTIFなど最上クラスの現役機に全く引けを取りません。FDDは逝っちゃってるけれど、このタッチがある限りしばらく手放さないと思います。




(誤) "MOOG -- Minimoog Voyager Anniversary Edition" (シンセサイザー)
(正) "Roland -- SK88Pro" (写真右 サンプラ/シンセ)
 私の打ち込みなんてこれ一台あれば済んじゃうんですよね。^^; SONARでDAWの時代、MIDI音源はこの程度で十分。Moogより数十万円安上がりだったので、そこそこ満足しています。^^ キーボードスタンドが壊れて縦置きしてるけれど、私はベース弾きなのでライブで使う訳でもなく、かえってスイッチ触りやすくていいや。


(誤) "LINN -- KOMURI" (スピーカ)
(正) "調べる気も起きない多分中国のメーカ -- とりあえずアンプ付きスピーカ"

 いや、そこそこ一応まともなアンプもあるんですけれど、子どもも触る鍵盤なのでこんなもんでよろしいかと。w KOMURIに比べて577万2000円程安あがりだったので、そこそこ満足しています。^^ ラジカセよりはいい音かな?


(誤) "New England Digital Computers, -- Synclavier"
(正) "Cakewalk/Roland -- SONAR 4 Producer Edition" (シーケンサ)


 PC9801時代には Prelude、ライターのアルバイトをしていた頃某ソフトバンクのPC雑誌でタイコ持ち記事を書いた経緯もあってミュージ君、Dos版のCakewalk、Macとパフォーマ (このためにMac LC475の中古買ったっけなぁ…)、Windows版のCakewalk、と乗り継いで現在はSONARです。いつの間にかMIDIシーケンサではなくなっていて、おぢさん戸惑っちゃいました。シンクラビアより1億円ほど安上がりだったので、そこそこ満足しています。昔、日本でシンクラビアを個人で持っているのは、富田勲と加山雄三、あとは小室哲哉だって誰かがいっていたけれど本当かな?


(誤) "楽譜 -- LISZT リスト集3(3)世界音楽全集ピアノ篇 (井口 基成 編纂)"
(正) "楽譜 -- バイエルで弾けるディズニーレパートリー3"


 名誉のために一応書いておきますが、これ嫁さんのです。LISZTの超絶技巧なんかまともに弾けないけれど、さすがにここまで落ちぶれてはいないぞ。^^;

 で、今回整理したのは古い鍵盤とあとはラックの音源など全て。
SONARとSK88proさえあれば、古いFM音源やサンプラはほとんど使わないんだよね、実際。リバーブやディレイだってもう音源の方で簡単に設定できるし、16チャンネルのミキサーもなくても困らなくなってました。半分エフェクタの深さ調整専用だったもんなぁ。MIDIパッチベイやらも同時に完全引退。

 ご飯食べるお金を節約して借金(ローン)組んでエンゲル係数105の生活の中、このラックの中身にいくらかけたんだろうと考えたら、少し悲しくなりますた。



(誤) 私は嘘が嫌いです。  
(正) 私は自分以外の嘘が嫌いです。



よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談

鍵盤楽器を整理しました


 キーボードスタンドの調子が良くなかったので、思い切って鍵盤楽器の整理をしました。最終的に現役として残ったものを紹介をすることにしましょう。

gakki.jpg

下から順番に、
"STEINWAYS & SONS. -- GG-508" (ピアノ)

 もともとメカニカルなデザインだけれど、私の写真で見るとますますそう見えますね。隣の部屋に突き抜けた本体打弦部分が写っていないようです。申し訳ありません。



"HAMMOND -- XK-3" (オルガン)

 鍵盤を上下に重ねようとするとこのシリーズしか選択肢がありません。キーボードスタンドの下に置いたLeslieスピーカーがとても小さく写っています。遠くにあるから小さく見えるのでしょうか? 写真って不思議ですね。
http://www.hammond-organ.com/Products/XK3.htm


"MOOG -- Minimoog Voyager Anniversary Edition" (シンセサイザー)
 シンセサイザーというものもばかにしたものじゃありません。1号機はどうやら世界に1台しかないらしく、私が趣味として個人的に所有することは許されないと考え、比較的新しいこのタイプを選びました。デザインが一般的な Voyager とは違って見えますが、moogはカスタムメイドにも対応してくれます。
http://www.moogmusic.com/detail.php?main_product_id=109


"LINN -- KOMURI" (スピーカ)
 いくら楽器が良い音を出しても、スピーカーがダメでは話になりません。Webの画像と幾分形が違って見えるのは、撮影する角度の問題だと思われます。
http://www.linn.jp/products/detail/speakers1.html#komri


"New England Digital Computers, -- Synclavier"

 デジタル音楽を楽しむためには、どんなに予算が少なくとも最低シンクラビアは必要になりますね。正直小室哲哉君が買って何に使うのかと考えたこともありましたが、楽器は趣味の世界でもありますから他人が口を挟むことはなかったと反省しました。写真では モニタ画面が一見 "Sonar" のように見えてしまうのが心外です。
http://www.synclavier.com/


"楽譜 -- LISZT リスト集3(3)世界音楽全集ピアノ篇 (井口 基成 編纂)"
 私は聴音して記憶するタイプで正直譜面は好きじゃないのですけれど、初めてショパンコンクールに出た時「サーカス芸ではなく君の演奏をしなさい」と審査員に言われてから、たまには譜面を書いた人の気持ちも考えなくてはと思うようになりました。ハニホヘトイロ全てのキーで軽くさらっと練習できるのことにもメリットがあるかもしれません。

私 は 嘘 が 嫌 い で す。 (`・ω・´)ノ


よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月27日

「ハ〜イ、私、ラブ、よろしくね。キュートなオシャレが大好き」

ラブ 「あーあ、よく寝た」

ベリー 「ラブ、出かけるわよ。ちょっと、まだオシャレしてないの?もうすぐパーティーが始まるのよ?」

ラブ 「え〜!もうそんな時間?大変!」

ベリー 「ラブ、次にいくわよ。こんどはアイドルステージで歌って踊るの。みんなが見てるわ。かわいいフリフリドレスで決まりね!」

ラブ 「絶対行きたい!でも時間がない。みんな、私のオシャレ手伝って!」

          ||i _| ̄|○ i||


 4歳の娘がファイルから出したカードを機械にスキャンする。私に似て娘に「おしゃれ」のセンスはない。「ラッキーカラー」を基準にカードを選んでいるようだけれど、おやぢの私から見てもちぐはぐな取り合わせなのは明らかだ。

 時々後ろに並んでいる女の子が、見るに見かねてかカードを貸してくれる。そういう子は大抵小学生だ。3〜4歳から小学校低学年の女の子が、このゲームのマーケットのようだ。さすが小学生だけあって「オシャレ」のセンスもいいしゲームのシステムや攻略方法を知っていて、幼い娘にカード選択のアドバイスもしてくれる。


          ||i _| ̄|○ i||


 ここはジャスコの2階、キッズランドにある「ラブandベリー」というゲーム機の前だ。たまにはイトーヨーカドーだったりダイエーだったり、専業ゲーセンだったりもする。「ラブandベリー」はあちこちにある。恐ろしい位どこにでもある。何が良いのかよく分からないが、この「ラブandベリー」は今話題として取り上げるのはやたら遅いくらい、女の子の間で大人気なのだそうだ。事実、我が家の末娘もはまっている。


 100円玉を投入するとカードが1枚出てきてゲームが始まる。音楽に合わせてタンバリンのボタンを押すだけなのだが、選択した「オシャレ」な服装と、歌詞のタイミングに合わせて叩くタンバリンのリズムでポイントが上がる。娘は「舞踏会」に憧れているが、行ったのを見たことはない。「オシャレのセンス」も歌詞に併せて叩くルールもよく分かってないのだから当然だ。100円のクレジットは数分後にはクリアされる。

 機械にはいつでもと言って良いほど行列ができている。ほとんど小さな女の子とその母親で、男はまずいない。明らかに私は浮いている。できれば、ここにいたくない。一刻も早くこの場所から去りたい。しかし娘は言う。
「おとうさん、もう一回やりたい」

          ||i _| ̄|○ i||


 娘が喜ぶと思い文房具店で塗り絵を買う。これはまだいい。しかし、書店に平積みされた「ラブandベリーおしゃれコレクション」に手を伸ばしたはっと瞬間気がついた。世間の目に、今私はどう映っているのだろうか…
 ((( ;゚Д゚)))

 娘は配偶者や祖父母にもゲーム機を見る都度100円玉の投入を要求しているようだ。たぶん、このいまいましいゲーム機につぎ込んだ金は総額5000円を超えている。証拠は娘のファイルにあるカードだ。療養中の父をもつ家庭にこんな出費をさせるとは、SEGA恐るべし…
思わず株価を見たが、目をつけるのは少し遅かったようだ。。


今回もジュニアに関係なくてすみません…


よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月26日

袋入りインスタントラーメン@35円

どんどんジュニアと関係のない話になっていきます。^^;

袋入りインスタントラーメン@35円


ra-men.jpg



 子どもの頃は結構食べていた記憶がある。

 でも、いつのまにか「あまり積極的に食べてはいけないジャンクフード」というポジションに転落してしまっていて、何年も食べていなかった。別に本気で成分について心配していた訳ではなく、その証拠に「きつねどんべぇ」などカップ麺は夜食としてやたら食べていたのだけれど。
いい加減だよなぁ、全く。^^;

 療養中で仕事をしていない身としてはお金を使っていけない、そんな思いで一人で食べる昼食代は節約するように心がけている。で昼は安物ばかり食べてるのだけれど、ある日スーパーで目にとまったのがこれ。

http://www.daikokufoods.com/index.htm
「大黒食品 上州ラーメン醤油味」3袋105円!ヽ(´ー`)ノ
一袋あたり税込み35円。

 ちなみに大手メーカーの袋入りインスタントラーメンは5食で270円、少し偉そうな高級(?)麺や個人的に好みの辛ラーメンはは一袋100円以上。生麺や冷食はもう少し上の価格帯。つまりこの「上州ラーメン」は大変にお安い。安いという言葉にめっぽう弱い自分は脊髄反射で買い込む。

 更には、自分の人としての価値と1食の価格35円が大変に相応しい気もして購入したのだけれど、なんかね、おいしいんだ、これ。^^

 冷蔵庫の野菜室に残ってる屑キャベツや葱のかけらを入れて、鍋で3分間ぐつぐつ煮る。この「鍋で煮る」という感じがとても懐かしい。「お湯を注いで3分間」に馴染んでいた今日この頃だけれど、昔はこういうの良くやったよなぁ。

 見ようによっては実に貧しい生活だけれど、貧しい貧しくないは心の問題。「幸福とは満足を知ること」だってちゃんとチェンライのお寺で偉いお坊さんに教わったもん ^^。だからと言う訳でもないけれど、特に寂しいとは思わない。安くておいしい、これで十分。そういえばバンコクのスラムでも、大鍋のインスタントラーメンでみんな白ご飯をかき込んでいたなぁ… これ、ほとんど同じ食生活だ。w

 老後に計画しているタイ永住に一歩前進です ^^
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月23日

那須の定宿 温泉価格破壊 

那須・塩原の定宿 - おおるりグループ


 宿の話が続いたので、勢いで、、

 温泉が好きだ。野趣溢れる天然の露天風呂からレジオネラ菌怖さに塩素臭ぷんぷんの循環湯まで全てが好きだ。沸かし湯も好きだ。かけ流しがどうとか成分がどうとか言う奴らは、一度温泉の身になって湯を沸かし続けてみるといい。たった1日24時間湯を沸かし続けただけで、二度と生意気なことは言わなくなるだろう。  温泉旅館という物も好きだ。
「良いお風呂を用意しましたよ。お食事も心を尽くしました。よろしかったらお暇な時にでも泊まりに来ませんか」などという素晴らしい商売は世界に誇る日本の宝だと思う。

 自分ははパッカー上がりでもあり、海外でも少しは温泉に入った。しかしなーんかだめだめなのよ、これが。

・アメリカ、カナダ:温泉はプールじゃだめなんじゃ!
・タイ:車借りて2時間かけて来たのに、個室にバスタブかよ!
・韓国:惜しい!露天とだらだら湯について考えてくれ。
・台湾:水着着て入るのは嫌だ!(一部除く)
・中国:水着は嫌だ。プールは嫌だ。でもほぼ廃屋の小屋も嫌だ。
・あ、ごめん、これだけだ。さほど入ってないじゃん。^^;

 と、このように、日本以外で良い思いをしたことはあまりない。韓国では愛国心と誇りの塊のような知人が「温泉は日本の方がいいでしょ?」などど、これから韓国の温泉巡りをしようとしている私の意気込みを打ち砕くような台詞を吐いたくらいだ。「刺身は日本より韓国がうまい」と言って私と言い合いになりかけた程なのに、温泉については弱気過ぎないか??

 そのように日本が世界に誇る温泉と温泉旅館文化であるが、一つだけ問題がある。致命的欠点と言って良い。

  「高いんだよ!!」

             - - -

 いろいろ調べたところ、1泊2食で12000円というのがこの世界の下限スタンダードらしい。一部屋ではない。一人でだ。

  12000円だぁ?!
  食事付きとは言え1泊、しかも一人につき12000円だぁ?!
  頭おかしいんじゃないのか?!


 我が家には出来心もあって子どもが3人いる。血も涙もない旅館経営者もさすがに子どもと大人同じ料金では良心が痛むらしく子ども料金等と言うが、それでも子ども二人は大人扱い。家族で1泊するとたった一夜で5万が消えてなくなるという訳だ。これ、何かおかしくないか?一晩の宿と飯に5万「はいはい、5万円ですね」とさらっと払えるのは、日本の中でも年収が億を超える連中だけじゃないのか?!!

 だいたい、あの食事が問題だ。
確かにまずくはない。いや、正直に言えばうまい。冷めた天ぷらも、山奥で食べる鮪の刺身も、地元産のふりをしているが本当は中国から輸入されていて岸壁で半年放置された防腐剤まみれの山菜も全てがうまい。しかし、この食事が宿代の多くを占めるらしく、素泊まり料金から考慮すると1食5000円から1万円することになっている。

あのなぁ、その飯、街中で1万出す奴いると思うか?
お前らがしてるのは、監禁強要ビジネスだぞ?


 我が家はただ事じゃなく頻繁にホテルに泊まる。例えば数年前には某米軍基地公開を見るために某横浜某インターコンチネンタルに泊まったが、夕食なしとはいえ家族全員で12000円だった。その頃はSCCのメンバーだったことや半額券を山ほど持っていたこと(っていっても定価からの半額じゃ!)を差し引いて考えても、間違いなく安い。一人3000円で朝食つきなのは、ダブルベッドに親子二人ずつ泊まっていることを考慮しても、不明瞭会計の温泉なんぞよりよほど割安、ということになる。
ちなみにこのインターコンチは部屋を6時まで使わせてくれたし、フィットネスクラブ、サウナ、プールなど全て無料だったことも書いておかねばだ。部屋もお前らの所より、よほど金かけていたぞ?> 旅館ども


 そんな悲しい状況の中、一筋の光を放つ温泉旅館がある。
そう、我が家が心から愛する「おおるり」チェーンだ。この宿はニッポン庶民の「ハレの日」意識につけ込んだぼったくりをしない。4人いれば週末でも1泊2食6000円、平日ならなんと4500円だ。これ、ユースより安い値段だよ?
http://www4.ocn.ne.jp/~ohruri/first.htm

oorui.jpg

 我が家は10年来、おおるりチェーンのファンであり、多分20泊くらいは泊まっていると思う。4500円で泊まった時には米のご飯を食べられるのか心配をしたが、雑穀は出なかった。週末よりは少し地味なおかずだったけれど、うちの普通の夕飯よりメニュー的には贅沢だったし。。(´Д⊂

 沢山ある宿ののうち、大規模なものには草津を除き全て泊まったはずだ。何度も泊まった宿もある。部屋にも問題はなく、湯西川に至っては「本当にこの値段でこの部屋でいいの?」と怯えたほどだ。1人1泊2食4500円で、バストイレ付き、上がり、リビング12畳・寝室12畳の部屋をあてがわれれば、怯えない方がおかしい。
oorurisitunai.jpg
 おおるりチェーンの恐ろしさはそれだけではない。
関東各所から無料の送迎バスをほとんどの宿に出すのだ。
無料だぞ?ただだぞ?しかも往復だぞ??15人以上の団体の場合は指定地にチャーターも可能だ。車代や人件費はもとより、ガソリン代や高速代の出所まで心配になってしまう。4500円じゃ各駅停車でも塩原までの往復もできないって。

 ネタはまだある。宿から周辺の観光施設まで無料のツアーを頻繁に行う。交通費が無料なだけではない。何故か入場料まで無料になる。閑散期対策だとは思うが、金を払って入場している人には事情がばれ次第殴られても文句は言えないと思う。

 まだあるぞ。塩原には「湯煙会館」という劇場があり、「人情時代劇」を無料で見ることができる。私はこの「人情時代劇」を見たくて見たくてたまらないのだが家族の反対を押し切れず未だ夢は叶っていない。。

 これでも叫びたくなるくらいなのだが、老人会の団体には更なる割引がある。そのためここには老人がやたら多い。高齢者が多いため、露天風呂や廊下には常時2〜3人の死体が転がっている。チェックイン時には老人の死体につまずかないように気をつけなければならない。

 また老人にはなぜか幼児をこよなく愛する習癖があるため、うちのちびはあっという間に30人以上の老人にちやほやされ、隠れてお菓子を渡さるなどして、ますますわがままになる。迷惑ではあるが宿代の安さを考えると、宿泊客同士であるのになぜか文句が言えなくなってしまう。どうしてだ?

 などなど、人ごとながら経営が心配になってしまう。本当にこれで(使わないけれど)無料ダンスホールとか、迷惑な賞品つき合同カラオケ宴会とか、かけ流しの湯(あるんだよ、本当に)の管理ができるのか?

 例によって長くなってしまったが、このおおるりチェーンは腐れ切った日本の旅館界にあたらしいビジネスモデルを提示したと言って良いと思う。胸を張ってお勧め出来る、新しいスタイルの宿である。でも、混むと嫌だからあんまり宣伝しないでね。自分はしちゃったけど。 ^^;


よろしかったらクリックお願いします。ブログランキング ブログ村
よろしかったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月22日

大阪の定宿 1泊2000円

あまりにブログの更新が少ないので、戯れ言など。。



 たまに大阪にでかける。

 技術的ネット関係者(^^;)との会合なのだけれど、まぁぶっちゃけた話宴会か飲み会。夕方あたりから飲み始めることが多いし、朝から飲んでいたこともあったなぁ。

 野宿は苦手なので夜はお泊まりということになるのだけれど、定宿はここ。
http://www.raizan.com/raizan-japanese/main.html
raizan.jpg
もともと「高級ドヤ」だったところが営業方針を転換して、倹約旅行者や外国人観光客を受け入れ始めたらしい。ここを知ったのは「旅の窓口」(現楽天)だったのだから、その時点でそういうビジネスに切り替えていたということだな。

 もちろん1泊2000円なのだから、リビングもレインシャワーもないし、冷蔵庫にはシャンパンもペリエも冷えていない。バトラーサービスどころかルームサービスもない。
しかしここは極めて快適だ。門限があることや風呂の時間が決まっていることが難点だったけれど、現在は門限も廃止されたし24時間利用できるシャワーもできた。個別コントロールの効くエアコンと冷蔵庫、テレビのある3畳間にはタオルも紙コップも使い捨て歯ブラシもある。時間限定とはいえ朝風呂やサウナまであり、部屋の狭さと周辺の環境以外全く問題もない。更に午前5時という超アーリーチェックインも可能で、ここまでしてもらって良いのかとすら思う。

raizan2.jpg

 ついでにいうと、個人的には環境にも何の問題もない。
近くには100円均一の店もコンビニも安くてうまい飯屋もある。
スーパーではもともと破格の弁当が半額になるし、更には日本で唯一タバコを定価以下で売っているフリーマーケット、飲み食い無料の公営ギャンブル私的補完営業店、合法非合法なんでも扱う(らしい)路上個人薬局など、安上がりに暮らす環境は完璧だ。

 早朝、駅に向かっていたら、顔に記憶のないおっさんが「にーちゃんバイトか?」と親しげに声をかけてきたこともある。私はアーバンリゾートを楽しんでいる最中なので働く考えはなかったが、「にーちゃん」という言葉が気に入ったので賃金についての詳細な説明を求めたところ「1万」という言葉が返ってきた。

 1万かぁ。。つまり1日働けば来山に5泊できるわけだ。スーパー玉手の弁当を食べて発泡酒を飲んでも1日3000円程度で過ごせる。どうせ私の観光など博物館や街見物だから金はかからない。3日に1日働いて残りの2日を観光にあてれば、これは例の「ワーキングホリデー」という奴になるんじゃないのか? 安い宿と食事を提供してもらった上に仕事まで斡旋してもらってはさすがに申し訳ないと思い、おっさんには丁寧に働く気持ちのないことを伝え街に出たのだが、「大阪ワーキングホリデー」の言葉はしばらく頭に残った。

 この宿には無料でネットが使えるPCもある。ここではワシントン大学の学生と会った。秋の新学期までアジアを旅行しているのだそうで、ブッシュ政権の危険性について私に熱く語った。あまりに熱く、私が「難しい単語は使うな」と言ったことさえ忘れるほどで大変迷惑でもあったが。

 仕方なく難しい単語が登場しそうもない「この街で1日$80稼ぐ方法」に話題を変えた。もちろん個人路上職業斡旋業のおっさんとの出会いとその内容についてだ。

 興味津々で聞いていたが実際に仕事を拾ったのかどうかは分からない。果たして彼は無事に仕事にありつけたのだろうか?もしありつけたのだとしたら、この街始まって以来の「米国籍のアンコ」になったのではないだろうか? この「米国製」を初めは「青い目の」と書こうとしたのだが、最近はイラン人の"Mike"が居酒屋で宗教的ご禁制品のアルコールを運んでくる時代だからねぇ…

 なんだかんだで来山はここでは高級ホテルであり、敢えて例えるならばこの街の Hyatt だ。ちなみに上には上があり、中央新館という宿は2500円もする。さしずめここは Waldorf Astoria ということになるのだろう。私は倹約旅行者なので、理由もなく Hyatt に泊まり続けることを潔しとしない。Travelodge や Motel 6 クラスで十分なのだが、そのクラスというとやはりここになるのだろう。(写真右)
http://www11.ocn.ne.jp/~otomari/hotels/hagi06.html
1泊500円はかなり安いと思う。ただ何度見てもこの建物に101の部屋があるようには見えない。多分30階建て位の高層建築なのだと思うのだが、基礎工事は十分なのだろうか?
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2006年06月21日

オフ会にもいけず


実は先週末ジュニアのオフ会があったんです。

まだジュニアのオフ会には一度しか行ったことがないので、是非ともいきたかったのですが、我が家には高校生から幼児まで3人の子どもがいて、なかなか全員のスケジュールが合わないのです。

当然と言えば当然だけれど、それぞれ週末には部活とか友だちとの約束とかがあって、事前にかなり調整しないと家族でのお出かけは無理になってきました。

あーあ、せっかくのキャンピングカー、もっと早く買っておけば良かった。
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアジュニア

すみません。

ジュニア、全然活躍してません。_| ̄|○
posted by 元アウトドアジュニアユーザ at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談